バラの消毒&ニャンコ

11月のバラのお手入れ~ニャンコ

夏以降、殆どお手入れをしてなかったので今日こそは絶対に夕食後に消毒。

         Dsc00002 

これ、嗽用のイソジン、口の中に入れる物なので農薬より安全。殺菌作用があるのでウドンコ病は、我が家ではでません。黒点病は、定期的に散布してるときには出ませんが、ちょっと手を抜くと出てしまいますが、出ても農薬は使いません。お隣さんと隣接してる事とペットがいるため農薬は使えません。病気の葉を取り除いてから500倍~100倍ぐらいで散布。予防的に使う場合は1000倍ぐらいで使用してます。ウドンコ病が出てしまった場合や酷い場合は、原液で洗い流すようにすればよく効きます。イソジンを手作りの木酢液(トウガラシ・ニンニクを3ヶ月漬け込んだ物)500~1000倍に混ぜて使用(株元にも散布)。病気が出ている時は、木酢液は100倍で使用しますが芽が充実してない時は1000~倍で使用します。濃度が高いとせっかく付いた芽が枯れてしまうので。この方法で我が家は、上手くいってます。お金も掛からないし簡単です。ニームや・碧露、月桃エキスなども使ってみたいけど我が家では、ニャンコのエサ代・健康管理費が優先なので買えません。

        Dsc00009

”ナナちゃん、久し振り”クンクン、ミケ姉さんの匂いがするよ。

        Dsc00012 

コジロウちゃん(居候ニャンコ)が、お水を飲んでます。我が家のニャンコ達は、下に置くと飲まないので手作りの台の上に置いてます(ナナはカメラが嫌いなので絶対に顔をこちらに向けません)。

※ご訪問ありがとうございます。宜しければ応援のクリックをお願いします。クリックして頂けたら嬉しいです。※

        ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)